• となみ野米
  • 種もみ
  • チューリップ球根
  • チューリップ切花
  • 大門素麺
  • ふく福柿
  • 庄川ゆず
  • となみ野りんご
  • となみ野さといも
  • となみ野たまねぎ
  • せんだん山そば



全国に誇るチューリップ球根の産地
 富山県はチューリップ球根の生産量が日本一を誇る。その県内の1/3を占める砺波市は、庄川の豊かな水の供給、乾燥が必要な時期には晴天が続き、また、庄川扇状地の水はけの良さと、秋に植えられた球根は、冬の間、雪に覆われて一定の地温と水分が保たれることなどチューリップ栽培に適したいくつもの条件に恵まれている。
 これらの条件に加え、栽培農家の熱意と技術改良の積み重ねが、質の高いチューリップ球根を生み出してきたのである。

チューリップフェア

砺波のオリジナル品種
 砺波のチューリップ球根は、1918年に水野豊造氏により栽培が始められ、約100年間生産されてきました。
 砺波には、熱意あふれる生産者により、砺波オリジナル品種も多く育成されています。

<お問合せ先>

〒939-1396 富山県砺波市大門381番地
富山県花卉球根農業協同組合
TEL 0763-33-2448
FAX 0763-33-5006

チューリップ球根のホームページはこちら

 
球根パック商品

チューリップフェア
 チューリップ公園では毎年4月下旬~5月上旬にかけて、チューリップフェアが開催されます。
 期間中、700品種、300万本のチューリップが咲き誇り、多彩なイベントが開催されます。
 全国各地からの観光客が訪れる北陸を代表する春の祭典です。

砺波オリジナル品種

←前のページに戻る
上へ戻る